読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗の科学/No.4 完

こんにちは。

「マシュー・サイド著 失敗の科学」、最終回です。

(No.3はこちら)

 

実は、我々の脳には一番単純で一番直感的な結論を出す傾向がある

 

組織内での「非難」に対する強い警鐘を鳴らしています。

5章は著者の思いが一番強くでている章に思えます。

 

失敗に対して、個人的な「非難」を行なってしまうことは、

本人の行動の是正にはつながらず、

むしろ周りが失敗を隠すために行動が歪みはじめます。

 

社会や文化のような、

数値化しにくい領域こそ、

失敗を許容し、そこから学んでいく土壌を作っていく必要があると感じました。

 

この本はこれで完結です。

ありがとうございました。